トイレ交換を依頼する業者選び

トイレの本体を交換する際にトイレ本体の費用が必要なのはもちろん工事費が必要になります。

この工事費の表示が業者によって異なり後々トラブルになることがあるのです。

トイレ交換いくらで行いますといった表示をしている業者の中には工事費込みとしていても別途配管やパッキンなどの部材の費用を請求されるケースもあります。

トイレ交換情報のお得な利用法をお教えします。

また、既存のトイレの配管の位置では新しいトイレが設置不要な場合などはより大掛かりな工事となり床をはがして配管を移動させる工事が必要になるケースがあります。最近ではリフォームに対応して配管の位置をある程度自由に移動できるようなトイレ本体も登場していますが、すべての業者がこうしたトイレを使用しているわけではないので注意が必要です。

築17年マンション・トイレは変えたほうがいい? - 新築一戸建て | 【OKWave】

全ての費用込みでトイレ交換いくらと表示されている業者でもこうした追加費用を請求されるケースもあります。



きちんとした業者であれば場合によってはトイレ交換ができない住宅や交換できるトイレ本体が限られているようなケースでも無理やり接続して工事を完了させるという業者も中にはいます。

表面的にはきちんと使用出来ていても床下部で配管に負担がかかり数年で水漏れなどのトラブルが発生してしまうこともあります。
そうなっては何のためにトイレ交換したのかわかりません。トイレ交換はどの業者で行っても同じではなく業者によってその質が変わることを念頭においてより信頼できる業者に依頼する必要があります。